前へ
次へ

労務相談を受け労働相談をしっかり利用できるか

職業安定所で労働相談を受けると、まず求人を閲覧し、応募したい求人を選択し、スタッフに提出し、スタッフから連絡して企業と面接日を決めてもらう、というようなケースがほとんどです。
最近では、書類選考が行われることが多く、その場で面接日が決まらないことがほとんどです。
職業安定所は地域のどの場所を利用しても問題ありません。
引っ越してしまった、といった場合でもそのことを伝えれば、失業給付金ですら引っ越し先の職業安定所で受け取ることができます。
労働相談を受けるときに、担当者にいろいろ聞いてみるとすぐに対応してくれるようです。
転勤があり、転勤先で退職してしまった、というケースでも、実家に戻った場合、管轄エリアは実家の職業安定所になりますが、転勤先から引き上げるときに職業安定所で手続きしてしまったとしても、実家の職業安定所にスムーズに処理が引き継がれることが可能です。
ネットワークシステムの利便性が向上したようです。

Page Top