前へ
次へ

労働相談を受けてどう動くか

一般派遣会社だと、電話で応募し、仕事の内容の紹介を受け、働けるかどうか検討する、という流れが一般的です。
そういった労働相談を受けていると、無職の状態から一般派遣会社に就職して勤務する、ということが難しいことだという実感があります。
最近では、高時給で直雇用というような職場環境が頻発しており、無職の状態であれば直雇用されるほうが働きやすいケースがほとんどです。
一般派遣会社に電話し、就業できるか確認した結果、できないと言われることが頻発したため、状況を振り返ると無職の状態になっていたため、ということでした。
そうすると、職業安定所の労働相談を受けるか、ネットで募集している企業に募集するかの二択になります。
会社に従事して働くことや、出戻りが難しくない状況ではある中、労働環境は是正されているとは言えないのでしょう。
よく聞くのが、半年就業していないと再就職に不利だということです。
専門職の場合、長期離職が続くケースが想定されます。

Page Top